Archive for 11月, 2009

puppetのはまりどこ

日曜日, 11月 29th, 2009

puppetの構文に間違いがないのにsyntaxチェックで引っかかる。

そんな時は該当のファイルをチェックしましょう。

cat -A <ファイル名>

改行コードにこんなのがあったらアウト => ^M$

これ、windowsでファイル作ったときに出来るみたい。

回避策はLinux上でファイル作り直せばいいんだけど。めんどくさい。

そんなときに最適なコマンドがこれ。

dos2unix <ファイル名> 改行コードCRLF => LF

unix2dos<ファイル名> 改行コードLF => CRLF

逆もできるお。

それ以外のエラーはググれ。

#追記 20100304

インスタンス起動時に –verboseオプションだけだとバックグラウンドに回ってしまって、標準出力に出されない。

オプション追加で

–no-daemonize -l console

これでおk

MYDNS 自動更新

金曜日, 11月 20th, 2009
こんなスクリプトでいけるって。

#!/bin/sh

USER="*************"
PASS="***********"

telnet mail.mydns.jp 110 > /dev/null 2>&1 <<EOF
USER $USER
PASS $PASS
QUIT
EOF

bash起動順序

木曜日, 11月 19th, 2009

/etc/profile >> ~/.bash_profile >> ~/.bashrc

昔のメモから見つかった。

zlibc -圧縮されたファイルを解凍せずに読めるようにするライブラリ。

とかとか。

rsyncがエラーで止まる。

金曜日, 11月 6th, 2009

rsyncがこけてしまう。

ファイルの容量だったり、–whole-fileなオプションつけたりしたけど、だめだった。

iptablesの設定やらOSのバージョンだとかrsyncのバージョンだとか。

全部違ってて、selinuxが有効になってた。。

syslog見ろって事で。

ちなみに、サーバがアクティブの時は再起動なんかかけられないので、

/usr/sbin/setenforce permissive

設定ファイルは

/etc/sysconfig/selinux

SELINUX=enforcing

SELINUX=disabled

無事rsyncできた。

#追記 2010/05/13

rsyncの挙動(ディレクトリ作成、コピー範囲とか)

$ rsync -auvz ~/dir1 /tmp/dir/

$ rsync -auvz ~/dir1/ /tmp/dir/

  • そのディレクトリも含めてコピーしたい場合:「/」なし
  • そのディレクトリ以下のツリーをコピーしたい場合:「/」あり

サービスの自動起動設定について

水曜日, 11月 4th, 2009
自動起動が設定されておらず、サーバ再起動跡にあせる事あると思います。
例を挙げると以下のような感じ

/etc/rc.d/init.d/httpd を編集
下記2行を追加
 # chkconfig: 2345 88 88
 # description: Apache Script

起動スクリプトに下記が書いてないとだめですね。

 # chkconfig: 2345 88 88

例えば、

 # chkconfig: - 2345 88 88

ハイフンが入っているとchkconfig hoge on
しても有効にならないので、注意!

下記は後で見た人が分かれば、何を書いててもおkらしい。
 # description:
で、/etc/rc.d/rc3.d/の下。
シンボリックリンクがなければ、作りましょう。

cd /etc/rc.d/rc3.d/
ln -s ../init.d/httpd K88httpd
後はいつものように、chkconfigコマンドで追加、起動レベルを指定します。
chkconfig --add httpd
chkconfig --level 3 httpd on

# chkconfig: 2345 88 88

LVM拡張

水曜日, 11月 4th, 2009

pvcreate

vgcreate

lvcreate

mke2fsで構築したLVMの領域を広げたくなったら下記手順

lvextend -L+10G /dev/Volume00/LogVol00

mountしてたらumount

umount /hoge

使用中の場合はfuserコマンドで調べる

fuser -ml /hoge

e2fsck -f  /dev/Volume00/LogVol00

resize2fs /dev/Volume00/LogVol00

完了