Archive for 12月, 2012

historyについて(bashで指定回数ループ)

水曜日, 12月 26th, 2012

historyを汚すことありませんか?

ソースコードを間違ってペーストしたり。

一回だけならhistoryコマンドで番号を調べて消せますよね。

$history

~~~snip

998 history
999 unco
1000 unko
1001 history

999のhistoryを消したい場合は

history -d 999

次も消したい時にhistory -d 1000と指定したくなりますが、一つ詰まるのでもう一度

history -d 999と実行しなければなりません。

 

これが数百行、だとどうでし。ctrl+p delを数百回typeしますか?No!

932行historyを汚したとしましょう。消したい最初の行を調べます。

ここでは540行目から汚してしまったとします。

for i in {1..932} ;do history -d 540 ;done

これでさっぱり綺麗になったはず。

パスワードをhistoryに残してしまった。でも全部消すわけにはいかない。

そんなときに便利です。

全部消したい場合は

history -c