nkfについて

最近初歩的なlinuxコマンドについて書いていますが、実行したコマンドで記事を書いてない
コマンドを残していきたいと思います。

linuxに不慣れな開発者の方やlinux初心者の一助になればと思います。

nkfは文字コードの変換などに使います。
コマンドが入っていなければyum install nkfで入ります。

-j JIS
-e EUC
-W UTF-8
-s Shift-JIS

nkf -W euc.txt
上記のようなコマンドを実行すると標準出力に指定した文字コードで吐き出されます。

わざわざterminalの設定を変えなくても読めるので手間が省けます。
また、mysqlにEUCで保存されているデータを吐き出して読み込む時に重宝します。

例えば
mysql -u hoge -p******* -h localhost -e “select data from test.japanese into outfile “/tmp/euc.txt” | nkf -w /tmp/euc.txt
これでEUCで保存されているデータをUTF8でエンコードされているターミナルで文字化けせずに出力できます。

Comments are closed.