Vimの覚書2

vimのレジスタで計算して挿入する

挿入モードに変更
レジスタコマンド実行
C-r
=<計算式> Enter

大文字・小文字の切り替え
gu lowerに変換
gU upperに変換
g~ low/upの切り替えトグル
全てモーションの入力待ちになるので何か打鍵が必要

リプレイスについて
小文字のrでカーソル上の文字を置換できる。
大文字のRで連続して置換できる。置換したあとはカーソルが自動で動いていく。

visualモード
v 文字指向モード
V  行指向モード
C-v ブロック指向モード

ビジュアルモード中にbでワード単位で前方に移動
ビジュアルモード中にeでワード単位で後方に移動
ビジュアルモード中にoで選択範囲の始点・終点を切り替えられる
vgで前回ビジュアルモードで選択した範囲を再度選択してくれる

tabの入れ方
挿入モードでtabキーを入れてもよいが<>で行頭にtabを入れることができる。

vit
Visually select Inside the Tag
タグの中身だけを範囲選択してくれる。htmlやxmlの確認などが楽になりそう。

Tags:

Comments are closed.