nginxのDNSについて

nginxは起動時にDNSを解決したものを保持し続けるらしい。

例えば、upstreamやリバースproxyの設定をhostで指定していると、IPが変わったときにずっと待ち状態になる。

下記の様な設定で回避できるそうだ。

resolverで/etc/resolv.confとは別に名前解決のホストを指定して、validで内部的なキャッシュ有効時間を設定。

http {

 resolver 8.8.8.8 valid=5s;

  server {

    location / {

      proxy_pass http://hogemoge.com;

    }

  }

}

Comments are closed.