Swiftではじめよう その3

前回は寄り道したので戻ります。

swiftのREPL(Read-eval-print loop 対話型評価環境だそうです)環境を整えましたが、複数行コピペすると思った通りに動かなくて

イライラしたので、ファイルに落としてswiftコマンドの引数に渡してコンパイルと実行をしてみました。

vim hoge.swift

swift -i hoge.swift

 

// If

//閉じブレースが特徴的

var com = “pepabo”

ifcom.isEmpty {

    println(“Empty”)

} else {

    println(com)

}

// Optional

//下記の:Type?で条件指定できる

// 変数:Type?で表現される

let cityDict = [

    “Japan”:“Tokyo”,

    “France”:“Paris”

]

let cityOpt:String? = cityDict[“Japan”]

if let cityName = cityOpt {

    let currentityName = “You ar in “ + cityName

   println(currentityName)

} else {

   let message = “You ar not here”

  println(message)

}

//ifの簡略化

/*

let opt:String? = cityDict[“France”]

if opt {

    println(“Do something”)

}

*/

// optをつけないとエラーになる。

//unwrappedされていない値ということだが、飲み込めていない

let opt:String? = cityDict[“France”]

if opt {

    let message = “You are in “ + opt!

}

//forループ

for var idx = 0; idx < 5; idx++ {

    var message = “かえりたい + String(idx)

    println(message)

}

// 5回実行される idx < 5

for idx in 15 {

    var message = “Count=” + String(idx)

    println(message)

}

// 4回実行される 条件式のドットの数が違う idx <= 5

for idx in 1..5 {

    var message = “Count=” + String(idx)

    println(message)

}

// List Collectionの要素を回す

//eachのような使い方

let names = [“Hikari”, “Kodama”, “Nozomi”, “Komachi”]

for name in names {

    println(“Hello, \(name)!”)

}

// Dictionary型の要素を回す。(連想配列)

for (country, city) in cityDict {

    println(“Country : \(country), city: \(city)”)

}

つづく

Comments are closed.